犬や猫はトマトを食べても大丈夫 抗酸化野菜の女王はペットの味方!

Tomato
私の周りでペットを飼っているお宅のワンちゃんは、トマトが好きな子が多いです。ネットで検索しても「犬 トマト」って出てくるのは、「犬がトマトに興味を示したりして、食べたがるけれど大丈夫?」とか飼い主さんが疑問に思ってるからなんでしょうか?

犬や猫にトマトを与えることについての、いろいろをまとめてみました。

犬や猫はトマトを食べていい?

犬や猫にトマトを与えても大丈夫です。与えてはいけないという説もありますが、それは茎や葉に多く含まれるトマチンという成分が原因です。このトマチンは、トマトが完熟するまで虫が寄ってこないようにするために、トマトが自らを守るために出す毒で、茎や葉、未熟な青い実に多く含まれています。

じゃがいもの芽には毒があるということは広く知られていることですが、その毒はソラニンと言います。じゃがいもの芽の毒ソラニンとよく似た毒が、トマトの毒トマチンなのです。

トマチンは未熟な青い実に多いので、完熟していくほど減り、完熟時には未熟な実の1000分の1まで量が減ります。ヘタの周りが緑色でない完熟のトマトを選んで、茎や葉を取り除いて与えてあげれば問題ありません。

農家さんや家庭菜園などをしている方でないと、未熟な青いトマトを目にすることは少ないと思いますが、普通にスーパーなどで売っているトマトを選ぶ時は、ヘタの周りの実が青くないものを選びぶとより安心でしょう。(例外として完熟しても青いままのグリーンゼブラというアメリカ原産のトマトもあります)

ちなみに、このトマチンは人間にも毒です。ですが人間の場合で、どのくらいの量のトマトを食べると危険かというと、未熟な実でも約3kg(トマト大玉約15個)、完熟にいたっては約4t(トマト大玉約2万個)という、とても食べられない量です。このようにトマチンは毒とは言っても少しでも食べたら危ないというレベルの毒ではありません。

犬や猫の健康にも役立つトマトの栄養素 成分

トマトの栄養素と言えば代表的なのはリコピンですね。このリコピンは抗酸化作用が強いことで広く知られていますが、この抗酸化作用の仕組みをご存じですか?

私たち人間はもとより犬や猫などの生き物は常に酸化にさらされています。呼吸で体内に取り入れた酸素は、食事で採った栄養素を燃やしエネルギーに変えるのに役立ちますが、この時に取り入れた酸素の一部が強い活性酸素に変わってしまします。

活性酸素は細菌やウィルスを退治してくれる反面、増えすぎると正常な細胞まで攻撃してしまい、老化や病気の原因になってしまします。簡単に言うと活性酸素が体内を酸化させてしまうのです。この活性酸素によって体内が酸化されてしまうまえに、自ら進んで酸化してくれる物質がリコピンのように、抗酸化物質と呼ばれる栄養素なのです。

また、リコピンは悪玉コレステロールが活性酸素と結びついて酸化することも抑えてくれます。そのことにより血液の流れが改善される効果につながります。血液がサラサラと流れることによって、栄養素が体内に効率よく運ばれ、肥満防止になるんですね。

肥満防止という観点では、トマトにはもうひとつ「13オキソODA」という必須脂肪酸が含まれていて、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やしてくれます。

トマトを意識して取り入れることによって、がんなどをはじめとする病気の予防、肥満防止、加齢などによる皮膚や目の老化を緩やかにすることができ、健康につながるのです。

犬や猫のための簡単な手作りご飯レシピ

犬や猫の手作りご飯の基本編は犬や猫の手作りご飯。簡単にできるのにメリットがいっぱいの理由をご覧になってみてください。
食材の分量については、ワンちゃんや猫ちゃんの体の大きさによって変わりますので、普段ご飯を食べているお皿に入る量を目安にしてください。

鶏とトマトの煮込みご飯

~材料~
  • じゃがいも
  • にんじん
  • 鶏むね肉
  • トマト缶
  • 炊いたご飯
~作り方~
  1. 食べやすい大きさにカットしたじゃがいもとにんじんを、鍋に平らに入れます。
  2. 鍋に入れたじゃがいもとにんじんが、ひたひたになるくらいの水(材料の頭が見えたり隠れたりするくらいの水)を入れ、ふたをして強火にかけます。
  3. 沸騰したら中火にして、鶏のむね肉を入れさらに煮込みます。
  4. じゃがいもに箸が通るくらいやわらかくなったら、トマト缶を入れます。
  5. 火を止めて、ふたをして余熱でトマトの味を染み込ませます。
  6. 適度な温度に冷めたら、トマトの煮込みを、炊いたご飯の上にかけて出来上がりです。
スポンサーリンク

まとめ

トマトはリコピンの抗酸化作用の他にも、ビタミン類やミネラル類などの栄養素が含まれてるのでおすすめです。夏の旬なトマトをそのまま与えてあげてもいいですし、缶詰のトマトを使えば手軽に簡単に、ワンちゃんや猫ちゃんのご飯を手作りしてあげられますね。

うちのワンコは飼い主と同じく、トマトが大好きなのでいろいろな食材と組み合わせて、手作りご飯を作ってあげています。

猫ちゃんは酸味が強いと嫌がる子もいるようですが、知り合いの農家さんのお宅の猫は畑のトマトにそのままかぶりついています。猫にも個性、好みがあるのでトマトを与えてみたら意外と気に入るかもしれませんね、ぜひ与えてみてあげてください。