犬や猫のユリ中毒、ユリ根などのユリ科の植物を食べた場合の致死量

犬と猫

犬や猫がユリ根やユリを食べた!食べた後に吐いてしまった!目を離した隙きのトラブルが多いだけに焦ってしまいますね。

猫にユリ中毒というのは有名ですが、犬にとっても安全とは言えない植物のひとつが「ユリ科の植物」です。

今回はユリ根を始めとした「ユリ科の植物」が引き起こす中毒についてまとめました。

犬や猫がユリ中毒を引き起こすユリ根を含むユリ科の植物

ユリ根はその名の通りユリ科・ユリ属の植物の(鱗茎・りんけい)のことです。

食用とされるのはオニユリ、コオニユリ、カノコユリ、ヤマユリの鱗茎です。

ユリ科の植物には多くの「属」がありますが、犬や猫が中毒を起こし特に危険と言われているのは「ユリ科ユリ属の植物」が主です。

毒性の高さは「種」によって異なり、どれが有害ということも十分には明らかになっていません。有毒な「種」では葉や花びら、花粉も有害と言われています。

十分に明らかになっていないからこそ、ユリ科の植物は全般に気をつけたいものです。

特に猛毒と言われているのはテッポウユリ、オニユリ、コオニユリ、カノコユリ、キスゲで、カサブランカ、イースターリリーなども中毒性があると言われてます。

これらは一般家庭などで飾られたり、栽培されたりしているものなので犬や猫が興味を持って食べてしまわないように気をつけましょう。

ユリの花粉を舐めたり、花びら、茎、葉、球根などを噛んだりして中毒を引き起こします。

ユリの花が入った花瓶のお水なども有毒成分が溶け出しているので飲んだりしてしまうと同じく中毒を引き起こします。

犬や猫がユリ中毒になる理由

ユリ根を含む「ユリ科の植物」が犬や猫にとって危険な理由は、よく分かっていないというのが現状です。

「日本植物生理学会」のHPに「農水省農研機構動物衛生研究部門」に問い合わせをした結果が記載されていました。

(要約)「ユリの仲間(ユリ属)は、人では根茎を食用にするのに、猫に対しては強い毒性をもち、全草に毒性があって花粉によって中毒をおこした例も実際にあるようです。毒性物質は特定されていません。

これまでユリ科とされてきた多くの植物にも毒性があるものがありますが、猫に特定したものではありません(スズラン、バイケイソウ、スイセン、グロリオサなど)。

また、猫に比べると犬に対する中毒性は低いと言われていますが、獣医さんによっては犬にとっても危険と警告を鳴らしていますので安心はできませんね。

犬や猫がユリ科の植物を食べた時の症状と致死量

犬や猫が「ユリ科の植物」を食べた時の症状は、嘔吐、乏尿(尿が出ない)、下痢、食欲不振、過剰流涎(過剰によだれを垂らすこと)、沈うつ、無気力、運動失調、急性肝不全などです。

特に猫は急性肝不全の危険が高いので、すぐに獣医さんに見てもらうことをおすすめします。

致死量は個体差もあり一概には言えないのすが、猫はユリの花粉を舐めたり、一口でも食べてしまうと命に関わることになる場合もあるので気をつけなければいけません。

獣医さんによるとユリ中毒になってしまった猫は治療してもなかなか反応せず、結果的に1週間前後で死亡するということです。

猫は新しい物への好奇心が旺盛で、部屋の中に新しく飾ったり置いたりした物に興味を示して噛んだり舐めたりして確認します。

特にユリの花粉は粘着力が強くベタベタしていて少し触れただけでも付着しやすいので、猫が近づかないように細心の注意を払いましょう。

犬や猫がユリ科の植物を食べた後の時間と治療

犬にとっても「ユリ科の植物」は安全ではないですが、特に猫はユリの毒素に敏感で摂取してしまうと、数時間以内に下痢、嘔吐、食欲不振、無気力状態になり、24時間から48時間以内に激しい肝不全を起こす危険があります。

ユリ中毒の解毒剤はありません。摂取してしまったらすぐに動物病院(夜の場合は夜間診療や24時間対応の動物病院)に電話をして、吐かせるなどの応急処置が必要かどうか指示を仰ぎましょう。

その後、獣医さんによる胃洗浄、活性炭や下剤の投与、輸液療法(点滴療法)、透析による治療が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

室内やベランダ、庭などに新たに鉢植えや観賞植物などを導入した場合に、犬や猫は興味を持ち噛み付いたりしてしまうことがよくあります。

犬や猫にとって危険な植物は数多く存在します。どうしても「ユリ科の植物」を置く場合、犬や猫が近づけない場所や届かない位置に置くなどの工夫をしましょう。

また「ユリ科の植物」は公園などに自生している場合もあるのでワンちゃんは散歩中も気をつけてあげましょう。

コメント

  1. ミサキ より:

    とても参考になりましたm(_ _)m
    お盆やお彼岸時期は特に注意したいと思いますΣ
    有難う御座いました

    • カリーノペット より:

      コメントありがとうございます。
      システムの不具合でいただいたコメントに気がつくのが遅くなってしまい申し訳ありません。
      この記事がお役に立てたようでとても光栄です。