犬や猫の名前を珍しい英語で!男の子の名前にクール!かっこいいスラング英語

american
日本人にとっては珍しいスラング英語で、犬や猫の名前をつけてみませんか?ネイティブが使うスラング英語(隠語、略語、俗語)は、学校で勉強した英語や英語圏の人名などとは違い日本人にとっては珍しいですね。

スラング英語というと「HIP HOP」などでよく使われるイメージもあると思いますが、日本語で言うところの「ネタバレ」や「ツンデレ」のように、一般の人もよく使う表現だったり、テレビやドラマ、雑誌の表現の中でも普通に使われるものを含めて「スラング」と言います。

珍しい英語で、他の犬や猫とは一味違うクールな(かっこいい)名前をつけてあげましょう!

男の子の犬や猫の名前に珍しくて響きがかっこいい!クールなスラング英語

スラング英語の中でも、意味が良くて男の子の犬や猫の名前に向いている、呼びやすくてかっこいい響きの言葉をピックアップしてみました。犬や猫の名前を「かっこいい英語でつけたいな」とか、「珍しい名前がいいな」と考えている方に参考にしていただけるとうれしいです。

  • ウィット(wit)→「with」と同じ意味→〜と一緒に、〜と共に、〜の一員
  • ウーウィー(Uhhwee)→「oh yeah」と同じ意味→そうそう、そうだね
  • エピック(Epic)超クールな、最高にいい
  • オウサム(Awesome)超かっこいい、最高にクールな
  • オージェー(O.J.)オレンジジュース
  • ガッツィー(Gutsy)ガッツがある、勇敢な、タフな
  • キッキン(Kickin’)最高の
  • グラッツ(Grats)おめでとう
  • グレービー(Gravy)良い、クール、かっこいい、簡単
  • コア(Core)中心、核心、神髄
  • サップ(Sup)→「what’s up?」と同じ意味【カジュアルなあいさつ→元気?、おつかれ、うい〜す】【様子などを伺うような時→どうしたの?】
  • スゥワッグ(Swag)スタイル、センス、魅力、自信、最高の
  • スタナー(Stunner) すごくきれい、質が高い、かっこいい、驚くらいすごい物や人
  • スティーロ(Steelo)スタイル、魅力【スペイン語の「Estilo スタイル」に由来するスラング】
  • ソリッド(Solid)最高な、最高にクールな
  • ソルジャー(Soldier)何かと戦う人、困難や逆境と戦う人
  • デュード(Dude)【驚きを表す表現→おー!、すごい!etc…】【その他の意味→仲間、男】
  • デリッシュ(Delish)おいしい!
  • トゥリル(Trill)真実の、リアルにクールな
  • ドーグ(Dawg)仲の良い友達
  • ハイプ(Hype)ワクワクする、興奮する、すてきな、かっこいい
  • バディー(Buddy)相棒、兄弟
  • ビガップ(Big up)感謝、尊敬
  • ビッフル(Biffle)生涯を通してのベストフレンド【アメリカン・ティーン御用達の言葉】
  • ピープ、ピープス(Peep/Peeps)仲間、友達、人、みんな
  • ファブ(Fab)素晴らしい、とてもいい
  • ファム(Fam)血縁の家族、固いきずなで結ばれた仲間
  • フープス(Hoops)バスケットボール
  • プロップ(Prop)正当な評価、多くの人からの尊敬の念
  • ポッセ(Posse)志を一つにした仲間
  • マッド(Mad)超〜、かっこいい、たくさん
  • モクィシィ(Moxy)ガッツがある、度胸がある
  • ヤム、ヤミー(Yum/Yummy)もとは「おいしい!」の幼児語だが「Tasty」と同じ意味でよく使われる
  • ヤムヤム(Yum yum)うまい!、おいしい!、おいしそう!
  • ラフ(Ruff)強い
  • レジット(Legit)本物の、最高の、正当な
  • ローリー(Rolly)ロレックス
  • ワァゥディ(Whoadie)ダチ、仲の良い友達

男の子の犬や猫の名前におすすめなのは、言葉の響きが爽やかな名前にするなら「Stunner スタナー」と「Steelo スティーロ」、言葉の響きがかっこいい名前にするなら「Epic エピック」と「Solid ソリッド」です。

また、言葉の響きが珍しい名前にするなら「Kickin’ キッキン」「Posse ポッセ」、意味がすてきな名前にするなら「Buddy バディー」と「Biffle ビッフル」と「Fam ファム」がおすすめです。

男の子の犬や猫の名前に珍しくてかっこいいかも!車好きの飼い主さんにおすすめなスラング英語

欧米圏などでは犬や猫の名前に、飼い主さんの趣味や好きな食べ物などの名前を単純につけることも多いんです。車が好きだから「アクセル」、好きな食べ物がお菓子の「OREO」だから「オレオ」など、なんだか微笑ましいというかちょっとかわいくて笑っちゃいますね。

でも、飼い主さんが好きな趣味や食べ物と、かわいい飼い犬や飼い猫の名前が同じってなんかすてきです。そんな珍しい発想で車好きの飼い主さんにおすすめなのは車表現スラングです。外車の名前をスラング英語で言うとこうなる!

  • ビーマー(Beamer)→BMW
  • ベンゾー(BENZO)→Benz ベンツ
  • シェビー(Chevy)→Chevrolet シボレー
  • ビートル(Beetle)→Volkswagen フォルクスワーゲン
  • リモ(Limo)→Limousine リムジン
  • キャディー(Caddy)→Cadillac キャデラック
  • べット(Vet)→Corvette コルベット
  • ロールズ(Rolls)→Rolls Royce ロールスロイス

「Caddy キャディー」はちょっと言葉の響きが女の子っぽいですが、それ以外はどれも言葉の響きが男の子っぽくてかっこいい名前になりそうじゃないですか?

有名な外車ばかりなので、そのままの名前だと「ちょっと・・・」ってかんじでも、スラング英語にしてみると日本人には耳なじみがなくて響きもかっこいいので、犬や猫に珍しい名前をつけたい車好きの飼い主さんにはぴったりかもです。

スポンサーリンク

まとめ

お気に入りのスラング英語は見つかったでしょうか?

犬や猫の名前を英語で付ける飼い主さんはけっこういると思いますが、スラング英語で名前をつける飼い主さんは珍しいと思います。

英語の単語で名前を付ける場合、皆さんたいていの単語は知っていたり、聞いたことがあったりして意味も分かっちゃうので、いろいろと言葉を選ぶ必要もありそうです。

ありがちな英語だったりすると、ものによっては動物病院などの待合室で呼ばれたりした時に、視線が集まってしまい恥ずかしい思いをするなんて話もきいたことがあります。

でも、スラングなら英語のかっこいい響きはそのままに、意味は分かりづらいものが多いのでへんに注目が集まっちゃったりなんてこともなさそうですね。